FC2ブログ

黒田企画

フツーの20代の女の子の「チョット気になること」をいっぱい調べたサイト、にしたいです☆


いまさらですが、
資生堂の「ピエヌ」「プラウディア」が将来 廃盤になることを初めてしりました…
二つを統合することで 新しく「マキアージュ」が新ブランドとして立ち上がるからですよね。

そもそも、「マキアージュ」が立ち上がった背景を イマイチわかっていなかった自分。

調べてみると(読売新聞)
「消費の多様化にこたえるため一時は同社のブランド数は100を超えたが、
 収益力の低下を招いたことから見直す。
 統合するのは、口紅やアイカラーのブランド「ピエヌ」(年間売上高約200億円)と、
 ファンデーションの「プラウディア」(同約200億円)」

「同社のブランドは90年代中ごろから増加し、00年ごろには100を超えた。
 「ブランド一つ一つが小粒になってシェアが落ち、
 そこに宣伝費を投じて消化不良になる悪循環に陥ってきた」

どうやら、ブランドの整理統合みたいですね…
…本当に、それだけ?

なぜか どうにも納得がいかなかったので、調べてみると
新規ブランドの立ち上げにともない、販売価格の提示方法を改定するようです。

従来の制度は「オープン価格」制度で、独自に定めた価格で販売する方法。
「定価の3割引き」といった宣伝は この制度の特徴。

今回のマキアージュからは、
「ノープリント式」が導入され、メーカーが指定した価格でしか販売できなくなる…

…って、消費者不利じゃん!!

その背景には、どうやら
化粧品の消費動向下落に伴い、小売店の値下げ競争も加わって
「破格の宣伝費を投じて高めたブランド価値を、値引きで下げさせない」とのこと。

もちろん、量販店自体も、
消費者サイドが「安くなってないなら 買わない」と客足遠のく危惧感は抱いているようだけれど、
相手は天下の資生堂。
超大御所ブランドがこの方式を採用したことで、
もしかしたら 歯止めのきかなかった値下げ競争による消耗戦を変えてくれるのでは…
と 期待してるらしい。


…化粧品業界に限らず、他の業界でも実際起きたことがある現象だそうで…

ただでさえ、物価が高い日本。
安く買えなくなるのは辛いですね。

「高くても いいものが欲しい」その消費者心理をくみとってのマキアージュ立ち上げのようですが、
…逆を言えば 
「高ければ いいものに違いない」と思い込んでいる消費者がいるのも事実です。
そこに つけこみたいと 狙っているような気がしてなりません。

負け惜しみに聞こえるかもしれませんが
無名ながらも 有名ブランドより 低価格で 高品質の商品を出している化粧品メーカーは
存在していると思います。

大手メーカーの言いなりにならないためにも、一消費者として 勉強していこうと思いました。
brush.jpg

自慢じゃないですが、コスメマニアです。

趣味を持つと、自然と道具にも凝るようになりますよね。
気がつけば、メイクブラシも増えてきました。

左から
フェイスブラシ 竹寶堂 (多分、山羊…サイトで確認しましたが 掲載されてない!)
チークブラシ  ANGELICA (リス100%)
アイシャドウブラシ THE BODYSHOP (サイトで確認しましたが、毛質は公開されていませんでした)
アイライナーブラシ 竹田ブラシ (馬毛との混合)

どれもお気に入りです。

私が、ブラシを使うようになったキッカケは、アイチップが原因でした。
100円均一などで売られているアイチップ… 肌が弱い私にとって、皮膚が薄いマブタへあのチップはザラザラと痛い存在でした。
ぼかす作業などは 皮膚表面を何度も往復するので、特に刺激が我慢できず…
ボディショのアイシャドウブラシを使うようになって以来、いろんなブラシを買うようになりました。

ブラシを使っていて気がついたのですが、
フェイスブラシで、余計な粉を払ううちに 肌表面には 艶がでてくるんですよね。
まるで、磨かれたような艶が。
チークに至っては、コスメ付属のチークブラシよりも テクニックいらずで 自然なぼかしが入れられます。
…買ってみるものです、ホント!!

使ううちに分かってきたのですが、
毛質と価格は だいたい比例します。使われる毛は目的用途にも変わるのですが、
ポリエステル<馬<山羊<灰リス<松リス<イタチ

だと思います。

ブラシの手入れですが、
パウダー、シャドーのついた筆は、毎使用ごとにティッシュペーパーの上で軽くなでるようにしながら、パウダーを落とす。
指で払うなんて、もってのほか。指の油分が付着してしまい、毛が汚れます。(一本ダメにしかけました泣 マジで)
「原則 テッシュオフ」です。

汚れが気になった場合は、市販シャンプーをぬるま湯へ溶かした中で やさしく押し洗い。洗い方は、化粧パフと同じ要領です。
竹宝堂のサイトでは
「リンスをし余分な水分を絞り、毛の形を整えて陰干ししてください。」
とありました。

@COSME内にある美容辞典によると(http://www.cosme.net/dictionary/qa/qa_id/429/bd_parent_id/2/bd_id/23
 メンテがよければ、10年以上使えるそうで 半永久的みたいですね。

私も、自分のメイクブラシとともに 成長していきたいなぁ…

全部の関係リンク載せておきます
竹寶堂 http://www.chikuhodo.com/index.html
ボディショップ http://www.the-body-shop.co.jp/top.html
竹田ブラシhttp://www.mmjp.or.jp/takeda-brush/index-1.html
アットコスメhttp://www.cosme.net
pdt267289.jpg


マリークワントで、酵素洗顔 というものをやってもらいました!
肌のくすみやザラツキを取ってくれる粉末洗顔料なんですけど…

酵素洗顔って凄いですね!
肌表面がツルツルになりました。
スキンケアをいっくらやっても、肌が疲れたようなハリのなさを見せていたのですが、
表面の角質除去を酵素で行ったら、一発で化粧水~乳液までの浸透が良くなりました!!

マリクアのBAさんがやってくれた酵素洗顔料 買うとお値段なんと\4000
たっけぇ!!!買えねぇよ!!

ってなワケで、私が買ったのは「うぐいすの粉」
@コスメ内では やっぱり?有名な一品で、通称:ウグフン。
…原材料、ウグイス(に似た鳥)の糞です。

発売元の美容文化社(http://www.uguisunofun.com/index.html)のサイトから効用を引用します

ウグイスの糞洗顔は自然の妙で、一方で汚れを強力に取りながら必要な脂肪はきちんと残す心憎い働きぶりです。洗顔後のツッパリやカサツキもなく、スベスベして潤いのある理想的な肌の状態をつくり出します。ウグイスの糞は荒れ性・脂症のどちらの肌にも効果的です。又漂白作用で色白の美肌を創ると言われていますが、決して肌を傷めないのが特徴です

今現在、使用1週間 朝晩継続していますが、確かに透明感が出てきた…ような。
肌のターンオーバーは28日周期と聞いていますので、あと三週間したら もっとキレイな肌になっているのかな?

それよりも今は、天然成分の恩恵に驚いています。
本当に、昔の人間は 身近なものを生活に生かしてきたんですね…
マリクアの\4000が正直 アホらしくなってきました。
先人の叡智たるや 尊敬に値します。

ちなみにこのウグフン、値段は\1029
ロフトやマツキヨなどで手に入ります。美白とくすみ取りしたい方、オススメします。
good001.jpg
写真は、私の思い入れの「メイクスポンジコレクション」です

結構 知られていないことですが、
メイクスポンジを変えるだけで、
実は 化粧の仕上がりをキレイにすることは 可能です。

化粧品とスポンジには、もちろん相性があるんですけど、
中には、ベースメイクの会社がラインで出しているスポンジよりも
違うブランド・メーカーのスポンジの方が 優秀な場合があるんですよね…(それも、かなり)

愛着があるので、
全部 触った瞬間 どこのメーカーで用途が何か、答えられます。(ちょっとマニアック?)
左から、リキッドファンデ用。バウダーファンデ用。一番右は おしろい用
皮膜を張ったように表面がつるつるしているので、肌の上では パテのように伸ばせます。
特に気に入っているのは ダイヤ形したコーセーでもらったスポンジ。
その手前のしずく型スポンジは アストリカの410円のスポンジ(高い泣)

真ん中は オススメぞろいです。
テスターや試供品コーナーでよくある使い捨てパフと同じ素材、天然ゴム製のパフが一番奥
コレは 安い上に リキッド・パウダー兼用ですし、
弾力があるので メイク初心者にも使いやすい。
手前は、薄付きメイクしたいなら必須の毛足が細かいスポンジ。
どれもお気に入りですが、肌の調子に合わせて 選んで使います
左のでかいパフは ロゴ入りの通り、資生堂のプレストパウダー用パフです。
値段も 600円 と一番高いですが、
その辺のちゃっちいフェイスブラシより よっぽど使いやすい。

ちなみに、
スポンジって ちゃんと毎日変えてます?
会社の上司と後輩が並んで トイレで化粧直ししてたんですが、
ふたりとも 幻滅するような汚いパフ使ってました…

「野菜洗うボウルの半分弱な量のぬるま湯に
 皿洗いの洗剤を2、3滴といて
 下着洗うみたいな 押し洗いすれば 
 パウダー~おしろい程度なら キレイに落ちますよ」

勿体ないですよね。
上司は 見た目も上品で「淑女」という言葉がぴったりな営業マンでしたし、
後輩も 愛くるしい大きな瞳に ぱっちりした二重がとっても可愛いらしいのに…
お化粧直しの姿は「だらしない」ように見えてしまいました。
ハンカチは毎日変えるように、パフも毎日変えるべきです。
同じく肌に触れるものなのですから、化粧の仕上がりを考えても
毎日変えるべきだと私は思います。

ちなみに、使い捨てな天然ゴム素材でも、3回は使えます!

マータイさんじゃありませんが、
お化粧も大事に行わないと 「もったいない」ですからね笑
cosme001.jpg
黒田は 安くていい物探しがダイスキです☆
今日のハント品は、ダイソーのボディーバター。

ボディバターとは、ボディ用のクリームのことです。
この数年でようやく市民権を得てきた化粧品の種類で、一番有名なのは おそらくボディショップのボディバターでしょう。
通常、冬の乾燥シーズンに 新商品発売が多いのですが、ナゼ黒田は今頃買ったのか。
実は、黒田の肌は 剃刀負けをする上に、日焼け止めオイルで肌がカサカサになる体質なのです。…冬は、洋服で肌が保護されるので乾燥はしないんだな~ だから、いまさら買ったのです笑

使いごこちとしては、ちょっと油分が強めのクリームって感じです。塗ってからは 確かにしっとりしますが、「とろけるようになじんで」とパッケージのセリフ通りには いかないようです。
まぁでも…他の市販製品と大差はないんじゃないかな? 普通こんなモンでしょ、多分。
105円なので、肌に異常が出ない限りは 使い切ろうかなと思っています。

ちなみに 当然、この時期ですから ドコのダイソーでも手に入らなくて随分ハシゴしました。 3軒目でようやく「ラスト1個」を買えました
…ほぼ妄執(笑)