黒田企画

フツーの20代の女の子の「チョット気になること」をいっぱい調べたサイト、にしたいです☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
plant002.jpg
墓参りに行ってきました。
園内いたるところに 彼岸花が咲いていて…。
曇り空も手伝って物寂しくもありましたが 彩りを添えていました。

彼岸花が なぜ 墓場に多く生えているのか…

「赤いたいまつのような姿」が一列に並んで群生している姿は、
生々しい強烈な赤い色といい、
地獄の紅蓮に焦げる炎や 毒めいた生き血を連想させるから…という他に
どうやら、茎の部分に毒があるそうですね。
昔の日本は死者は土葬の文化でしたから、
野犬やねずみ避けその毒性を利用した…という説もあるようです。

花言葉は 悲しい思い出・情熱・恐怖 と続くように、
どこまでも 「縁起が悪い」象徴にされているんですね。

彼岸花へ少しフォローを入れると
彼岸花は、別名 曼珠沙華(まんじゅしゃげ)
サンスクリット語(インドの古典言語で 前五~四世紀頃成立、らしい 別名 梵語)では
赤い花、天上の華の意味なんだそうです

天上の華…
中国の仏教世界では 蓮ですよね。
同格の扱いなのかは分かりませんが、彼岸花は 本来外来種で 原産は中国なんだそうです。
日本での名所は 奈良の明日香村。
そう聞くと、確かに南方伝来の文化地域にふさわしい華ですよね。

そうこう打っているうちに お天気もはれてきました。
さぁて どこに出かけようかな?
スポンサーサイト
sanma004.jpg

この前の三連休、秋刀魚焼きました。
炭火で!!

炭で焼いた秋刀魚って やっぱ美味しいですよ。
ガスレンジだと、魚の脂身がぜーんぶ 干乾びちゃうんですよね。

しかも、買った秋刀魚が大振り肉厚、新鮮だったんで なおさら美味しかった!!
新鮮な秋刀魚って、内臓・ハラワタも苦味がエグくなくて 美味しいんですよね。
…チョット、苦いかな?と思いましたが、ご飯をほおばると 米が甘く感じて この組み合わせ美味しいな…と 食が随分すすみました。

この秋刀魚、通販で買ったんですけど、新鮮だとこうも味がちがうんですかね…
これから 居酒屋とかの秋刀魚、二度と食べられなくなりそうです
houduki001.jpg
今年は 田舎に帰りませんでしたが、お仏壇は随分 華やかにやりました。

ほおづきのオレンジ、って私 好きなんです。
化粧品でも こんな色の口紅持ってますけど、何か 色がもつパワーに負けちゃって 似合わないんですけどね…捨てられない笑

色を飾るって 本当にキレイで 心和みますね。
顔なじみのBAさんが カラーセラピーの勉強をなさったとかで、この前ちょっと教えてもらったのですが

オレンジは、チャレンジ精神旺盛な人が好きな色なんだそうです。
確かに。ビタミンカラーですからね…

他に好きな色は? という話になり
ピンクとブルーを挙げたのですが
ピンクは、愛情表現が豊かな人
ブルーは、気持ちが素直な反面、束縛を嫌う自由な性格なんだそうです…

話を聞いていて新鮮だったのは、グリーンの話。
グリーンは、寒色のブルーと暖色のレッドの中間色のため どちらの長所も受け入れられる平和主義者の色なんだそうです。
あぁ確かになぁ…と思います。


資生堂グループのブランド、マジョリカマジョリカは アイシャドウに自然界や日常の色のほかに、色からのインスピレーションを商品名に入れていますよね。
「安産祈願」とか「魅惑」とか「情熱」とか「都会の夜」とか…
見ているだけで、気持ちが高揚するんだから面白い。
しかも、気持ちの高揚を助けてるのがネーミングセンスっていうんだから、人間の心っていうのは 面白く出来てるモノだと思いました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。