FC2ブログ

黒田企画

フツーの20代の女の子の「チョット気になること」をいっぱい調べたサイト、にしたいです☆


美術展へ行って来ました。

元々、錦浮世絵や版画には興味があって、
歌川広重とか葛飾北斎、
海外ならアルフォンヌ・ミュシャが好きです。
今日行って来たのはその 葛飾北斎!!

今 東京国立博物館で 展覧している「北斎展」行って来ました!!
「神奈川沖波裏」とか「凱風快晴(通称:赤富士)」とか生で見ることが出来て
ホント、嬉しかったです。

日本で有名な「赤富士」は、
実は 彩色を変えて数枚ほど刷られているんですよ。
浮世絵は木版画ですからね、原版?さえ残っていれば 大量印刷が可能です。

今回、その数枚が一箇所で並べられていたのですが、
どれも その時々刻々ごと変わっていく、空模様と富士との様が 印象的に描かれていました。

北斎の版画には、日常風景を描いたものもいくつかありました。
昔の日本人が描いた、昔の日本の風景は、
今の日本人が写した、今の日本の風景とは、様変わりしてしまいましたが、
なぜか見ていて 懐かしい気持ちになりました。
…不思議ですね、説得力があるんですよ。

髷を結った男たちが、小船の上から水面に網を投げている姿、
柳の下で客を引く夜鷹が 手ぬぐいをしどけなくかぶり、妖艶に振り向く立ち姿

教科書や時代劇程度にしか知らない世界でしたが、
当たり前のように 描かれているのを見ると… 「これが昔の日本なんだ」妙に納得しました。

色を鮮やかなに組み合わせる様に 大胆な構図
描く日本の風景 一つ一つが本当によかったです

10/25-12/04 東京国立博物館で開催しています
北斎展 http://www.tnm.go.jp/jp/servlet/Con?pageId=A01&processId=02&event_id=2040
スポンサーサイト




この前、
出先でどうしようもなくお腹がすいて
PRONTOで食べてきました。

プロントって、
昼間はランチ、夜はバーを提供してるチェーン店
ですよね。
夜、行ったことはないのですが、
出先で済ませたい個人的にお昼のランチでよく行きます。

PRONTOといえば、パスタでしょ~☆

今、秋の食材をつかった季節メニューが出ていたのですが、
どれも結構おいしそうでした!!
今回頼んだのは「かぼちゃと甘栗のカルボナーラ」
パスタは、コッテリ系がすきなので 今回も例外なくチョイス。
かぼちゃ+クリームソースが 甘めコッテリで満足♪♪
カボチャのドライシード?とかベーコンのざく切りもトッピングされていたので、
食感もマジ感激!!

理由つけて又食べに行きそうな気配アリアリです☆
http://www.pronto.co.jp/pronto/index.shtml

我が家に実った柿です。
転職活動が、なかなか思うように進まなくて
イライラしていたのですが、
ある日、母親が「落ちゃったよ~」と
持ってきた柿に、気分がかなり和みました。
青みが残った浅黄色から
熟れきった柿色までのグラデーションが
きれいですよね。
思わず写真に残してしまいました。

そのまま調子に乗って、家の近くの水田(ウチは都会のような田舎です)へ
稲穂も揺れる秋の風景を見に行きたかったのですが刈り取り終了してましたっ

ガーン!!
米の刈り取りシーズンっていつ!?

どうやら、ピークはどうやら9月中旬らしいですね。
9月ってまだまだ夏の終わりと思っていました。秋じゃないんと思っていました。
しっかり「秋」なんですね!!
ガーン。
今日、ついに寝ゴザを押入れへ片付けました。
最近夜が涼しい…いえ、寒くなってきましたよね。
もぅ~ 窓を閉めないと眠れません。

風にゆれる寝ござの隙間から、ちらちらのぞく日差しがのぞいてて
キレイでした。
夏の日差しほど力はなくて、
まぶしいけれど…どこか、丸みを感じる光でした。

取り込んだ寝ござからは、
もう消えちゃったと思っていたイグサのにおいがして
何だか夏の終わりが無性に名残惜しかったです。

…お世話になりました、又来年…。


メンズコスメって結構バカ出来ないんですよね。

今年の夏も暑かった、残暑も厳しかった…
背中を触れば、汗びっしょりの身体でしたので、デオドラントシートは手放せませんでした。
色々な商品を使い歩いたのですが、一番使い勝手が良かったのは…実は ギャッツビー。
えぇ、メンズコスメのギャッツビーでした。

あまり知られていない話ですが、
メンズコスメは、化粧・ボディケアへ経験が浅い人間を対象につくられているので、
使い勝手がいいものが多いんです。
レディースコスメよりも、値段やボリュームが良心的だったり、使い勝手が良かったり。

さすがに、男女差があると思いますので、全部が全部、女性も使えるとは限らないと思いますが…